中学2年生1学期

【中2英語】Lesson33~「しているところでした」を英語で表現しよう

Hello, Michikoです。

前回のレッスンでは、be動詞過去形(was/were)について学びましたね。

今回は、「~しているところでしたを表す過去進行形について勉強していきましょう。

ある一定期間の進行状態を表す過去進行形

過去進行形とは、過去の一定期間に継続して起きていた状態や動作などを表す英文法で、be動詞過去形+(一般動詞+ingで表します。

文の構成は、以前のレッスンで習った現在進行形と同じですね。

現在進行形過去形にするには、be動詞現在形(am/are/is)から過去形(was/were)に変えればOK。一瞬で、現在から過去へと早変わりします。

過去進行形を使った英文例

週末は、ずっとテレビゲームをしていたよ。君は?

I was playing video games all weekend. How about you? アイ ワズ プレイング ヴィデオ ゲームス オール ウィークエンド ハウ アバウト ユー

僕は、5万歩歩いたよ。

I walked 50,000 steps. アイ ウォークト フィフティ サウザンド ステップス

健康的だね!

Healthy! ヘルシー

上の例文では、週末という一定期間中、ずっとゲームをしていたという継続した表現に過去進行形が使われています。
一方、週末中、ずっと歩いていたわけではなく、週末という一定期間の中の、限られた時間の行動を表すときには、単なる過去形が使われています。

まとめ

いかがでしたか?

過去形過去進行形の使い分けは、その状態や動作が、ある一定期間にずっと継続していたかどうかで判断します。

過去進行形を使いこなすには、どの期間についての会話をしているのか?そして、状態や動作がその期間中ずっと継続していたかどうか?を考えることが大切です。

アナタの過去の行動を振り返り、期間や継続状態を意識しながら、例文を沢山作ってみてくださいね。




error: Content is protected !!