中学1年生3学期

【中1英語】Lesson25~中一で習う英語~現在進行形を学ぼう

Hello, Michikoです。

今回は、日常会話でよく使う現在進行形(~ing)を勉強していきましょう。

現在進行形(~ing)とは?

現在進行形とは、今まさに起きている状態、現在行っている動作などを表す英文法で、be動詞現在形+(一般動詞+ingという決まった形で表します。

現在進行形という言葉のとおり、進行中の状況を伝える構文と覚えておきましょう。

【現在進行形(肯定文)の構文】
主語+述語(be動詞(am/are))+(一般動詞+ing)+目的語(名詞)

likeliveなど、ずっと継続している状態を表す動詞は、ふつう現在進行形では表しません。
現在進行形の構文で、be動詞の後ろにつづく一般動詞一般動詞+ingという形をとると、動詞ではなく形容詞(現在分詞)に変わります。

現在進行形を使った英文例

何しているの?

What are you doing? ホワット アー ユー ドゥーイング

焼き芋をしています。

I’m baking sweet potatoes. アイム ベイキング スウィート ポティトゥズ

お一ついかが?

Would you like some? ウッ ジュー ライク サム

ありがとう!焼き芋大好きなの

Thank you!  I love sweet potatoes! サンキュー アイ ラブ スウィート ポティトゥズ

まとめ

いかがでしたか?

現在進行形の構文で、動詞の役割を果たすのはbe動詞のみです。

be動詞の後につづく一般動詞は、ingとくっつくことで形容詞(現在分詞)になり、後につづく目的語(名詞)を修飾する補語になります。

覚えておきましょう。

補語(ほご)とは、文中で主語目的語をより詳しく説明する文の要素(成分)です。




error: Content is protected !!