中学3年生2学期

【中3英語】Lesson58~現在分詞と過去分詞の違いと見分け方

Hello, Michikoです。

今回は、現在分詞過去分詞違い見分け方について勉強していきましょう。

現在分詞・過去分詞の違いとは?

現在分詞・過去分詞とは、形容詞的なはたらきをもつ準動詞です。

現在分詞・過去分詞形容詞的といわれる理由は、現在分詞・過去分詞に、直前にある名詞(代名詞)修飾する役割があるからです。

現在分詞・過去分詞を理解するために、まずは、名詞(代名詞)+現在分詞・過去分詞のセットをみていきましょう。

現在分詞は、動詞の原形ingを加えたもので、現在進行形と同じく~しているという意味になります。

ですから、上の①~③の例文は、名詞(代名詞)人物今まさに何かをしている状態を表しているということがわかります。

過去分詞は、動詞の原形過去分詞化したもので、~されている(された・されてきた)という受け身の意味になります。

すなわち、上の④~⑥の例文は、名詞(代名詞)が、時間にかかわらず何かをされている状態を表しているということがわかります。

動詞の原形分詞化するときは、それぞれの単語の活用変化のルールに従いましょう。

現在分詞・過去分詞の見分け方

現在分詞、過去分詞の見分け方は、つぎのポイントをおさえておくと便利です。

★現在分詞・過去分詞修飾する名詞(代名詞)が今どのような状態かを見極める★

その名詞(代名詞)能動的に動いている(進行中)であれば現在分詞

その名詞(代名詞)受動的であり、誰かに何かをされている(つまり、その物だけではどうしようもない)状態であれば過去分詞

現在分詞・過去分詞を使った英文例

むこうでオレンジジュースを無料配布してるよ。

Orange juice given away over there is for free. オレンジ ジュース ギヴン アウェイ オヴァ ゼア イズ フォー フリー

僕も欲しい!

I want it, too! アイ ウォント イット トゥ

オレンジ色のTシャツを着ている男性を見つけてごらん。

Find the man wearing the orange t-shirt. ファインド ザ マン ウェアリング ザ オレンジ ティシャート

まとめ

いかがでしたか?

現在分詞過去分詞見分け方は、現在分詞・過去分詞修飾する名詞(代名詞)

  1. 今どのような状態
  2. 能動的か、受動的

を見極めることが大切です。

沢山の例文にふれて、その違いを感覚的に判断できるようになるといいですね。




error: Content is protected !!