中学3年生1学期

【中3英語】Lesson49~受け身をbe動詞を使って表現しよう

Hello, Michikoです。

今回は、be動詞を使った受け身表現について勉強していきましょう。

英語で”受け身”とは?

英語で”受け身”とは、「~されます」「~されています」を表現する英文法のことを指します。

”受け身”を表現するとき、必ず決まった構文をとります。

be動詞は、主語によってam/are/isを使い分けましょう。英文の時制(過去・未来・現在完了・過去完了)によっても、was/were/will be/has been/have been/had beenを使い分けましょう。
受け身の文で、誰によってされるのかを表現するときは、by~(~によって)を付け加えましょう。

受け身を使った例文

受け身の肯定文

Mt. Fuji is loved by many people.
富士山は、多くの人々に愛されています。

Rice is eaten by many Japanese people.
お米は、多くの日本人に食べられています。

This song is often used as chorus.
この曲は、合唱曲としてしばしば使われます。

Coffee is drunk by many people to refresh.
コーヒーは、リフレッシュのために多くの人に飲まれています。

受け身の疑問文

Is this book read by elementary school students?
この本は、小学生に読まれていますか?

Where is this cake sold?
このケーキは、どこで売られていますか?

Is garlic used in this dish?
ニンニクは、このお料理に使われていますか?

Is the package delivered today?
その荷物は、今日中に届けられますか?

受け身の否定文

This clothes was not made in Japan.
この洋服は、日本で作られたもの(日本製)ではありません。

Pizza was not delivered by 11.
ピザは、11時までに届きませんでした。

This room has not been cleaned 3 weeks.
この部屋は、3週間掃除されていません。

This building will not be demolished next 5 years.
このビルは、今後5年間取り壊されません。

受け身を使った英文例

昨日、家で昔の映画を観たんだ。

I watched the old movie at home yesterday. アイ ウォッチト ジ オールド ムーヴィ アット ホーム イエスタディ

何の映画?

What movie was it? ホワット ムーヴィー ワズ イット

バックトゥーザフューチャー。世界中で観られた映画だよ。

It was “Back to the Future”.  The movie has been watched by people all over the world. イット ワズ バックトゥーザフューチャー ザ ムーヴィー ハズ ビーン ウォッチト バイ ピープル オール オーヴァ ザ ワールド

僕も観てみるよ。

I would love to watch it. アイ ウッド ラブ トゥ ウォッチ イット

まとめ

いかがでしたか?

英語で”受け身”を表現するときの構文は、be動詞+過去分詞です。

主語、時制、byの必要性に気を付けながら、受け身の英文を作ってみましょう。




error: Content is protected !!