中学2年生1学期

【中2英語】Lesson37~「aをbと呼ぶ」を表現する英語とは?

Hello, Michikoです。

今回は、「aをbと呼ぶ」を表現する英語を勉強していきましょう。

「aをbと呼ぶ」を表現するcall

「aをbと呼ぶ」を表現するとき、使用する一般動詞call ~と呼ぶです。さっそく、例文をみていきましょう。

Call me Hide. ヒデと呼んでください。
We call it Tokyo Tower. 我々は、あれを東京タワーと呼びます。
People call him Air-Kei. 人々は、彼のことをエアケイと呼びます。

callの後につづく名詞 abは、必ずイコール(a=b)の関係になります。

動詞の後に、イコールの意味をもつ名詞が並ぶ一般動詞は、callの他にname 名付ける があります。

callを使った英文例

あれは、何ですか?

What’s that? ホワッツ ザット

あれは、ヨアケヒルズの象徴です。私たちは、あれをアケボノの塔と呼んでいます。

That’s the symbol of Yoake Hills.  We call it the Tower of Akebono. ザッツ ザ シンボル オブ ヨアケ ヒルズ ウィ コール イット ザ タワー オブ アケボノ

素敵ね!

Cool! クール

まとめ

いかがでしたか?

Callを、「aをbと呼ぶ」という表現に使う場合、aとbは必ず同じ意味にならなければなりません。

Call me ●●~ 私を●●と呼んでくださいは、自己紹介でも良く使う言葉です。覚えておきましょう。




error: Content is protected !!