中学3年生1学期

【中3英語】Lesson51~現在完了形をわかりやすく解説します

Hello, Michikoです。

今回は、「ずっと~している」を表す現在完了形について勉強していきましょう。

現在完了形とは?

現在完了形とは、過去のある時点から現在まで、ずっと続いている現象を表す英文法です。

①I have studied English.

の例文は、「私は、英語をずっと勉強しています。」という意味の現在完了です。

この例文からは、期間の情報「ずっと」しか読み取れません。そこで、もう少し詳しい期間の情報を付け加えてみましょう。

②I have studied English for 3 years.

③I have studied English since last year.

②、③の例文のように、現在完了形の英文に、期間の詳しい情報を加えるときは、for や since などの前置詞を使います。

④I have just finished studying English.

また、の例文のように、過去のある時点から現在までずっと続いていたことが、たった今終わったときは、「たった今」を表す副詞justhaveと過去分詞の間におくこともできます。

現在完了形の英文で期間を表すときに用いる前置詞について、具体的な期間を数字で伝えるときforyesterdaylast yearなど期間が漠然としているときsinceを使います。
現在完了形でよく使われる副詞は、just(たった今)の他に、already (すでに、もう)などがあります。

現在完了形を使った英文例

私は、これらのニワトリを3カ月間育てています。

I have raised these hens for 3 months. アイ ハヴ レイズド ディーズ ヘンズ フォー スリー マンツ

卵は産むの?

Do they lay eggs? ドゥ ゼィ レイ エッグス

産むよ。見て!ちょうど卵を産んだよ!

Yes, they do.  Look!  She has just laid an egg! イエス ゼィ ドゥ ルック シィ ハズ ジャスト レイド アン エッグ

まとめ

いかがでしたか?

現在完了形がよくわからないという方は、まず、has(have) +過去分詞シンプルな構文を理解した上で、前置詞副詞を加えてみると理解しやすいかと思います。

過去のある一時点で終わってしまった現象ではなく、過去のある一時点から現在までずっと続いている現象なら、現在完了を使って表現してみましょう。




error: Content is protected !!