中学1年生1学期

【中1英語】Lesson13~命令文のルールを理解して問題を解こう

Hello, Michikoです。

今回は、~しなさい、~しましょうを表す2種類命令文について勉強していきましょう。

指示を表す命令文

~しなさいを表す命令文は、相手に対する指示を表し、英文が必ず述語(動詞)から始まります。

【~しなさい の英文ルール】
述語(動詞の原形)+目的語
通常は、述語の前にあるはずの主語省略されています。

例1)着がえなさい。
【肯定文】You change your clothes.
【命令文】Change your clothes.

例2)自分の部屋を片付けなさい。
【肯定文】You clean your room.
【命令文】Clean your room.

例文1、2のとおり、命令文では、肯定文にある主語 You省略されていることがわかります。文頭に置く述語(動詞)は、必ず動詞の原形がきます。

提案を表す命令文

~しましょうを表す命令文は、相手に対する提案を表し、英文が必ずLet’s レッツ から始まります。Let’sを使った英文に主語はありません

【~しましょう の英文ルール】
Let’s + 述語(動詞の原形)+目的語
通常は、述語の前にあるはずの主語がなく、代わりにLet’sが置かれています。

例3)一緒に帰りましょう。
【命令文】Let’s go home together.

例4)一緒にランチを食べましょう。
【命令文】Let’s eat lunch together.

例文3、4のとおり、Let’sを使った命令文には主語がなく、Let’sの直後には、必ず動詞の原形がきます。

命令文を使った英会話例

あなたは、飢えているように見えますね。

You look starving. ユー ルック スターヴィング

今すぐ何か食べてください。

Eat something now. イート サムシング ナウ

あのお店でサンドイッチを手に入れることができます。

You can get sandwiches at that store. ユー キャン ゲット サンドウィッチーズ アット ザット ストア

一緒に行きましょう。

Let’s go together. レッツ ゴー トゥゲザー

まとめ

いかがでしたか?

指示・提案を表す命令文を覚えるキーワードは動詞の原形

①指示の時は、述語(動詞の原形)+ 目的語
②提案
の時は、Let’s + 述語(動詞の原形)+ 目的語

命令文のルールを理解して、問題をスラスラ解いていきましょう。




error: Content is protected !!